Fish Fan 【釣り日記】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

・2009年10月25日 カワハギ釣り 神奈川県:あまさけや丸

日時場所2009年10月25日 6:30-13:30 剣崎沖(あまさけや丸)
釣果カワハギ5、オニカサゴ4、イラyg1、トラギス・ネンブツダイ・ベラいっぱい
タックル極鋭カワハギ1454 シマノ幻風  PE1号 おもり30号
極鋭ゲーム180テク シマノバイオクラフトXH  PE1号 おもり30号
集魚版/なか錘/ケミカルライトなど
スピード針4.5号 ダイワハゲ針4~5号
さて、関東の渓流のほとんどが禁漁となり北海道の遠征にも先週行ってしまったこの週末。
「今週末は何を釣るかね?」と問われれば「この時期はカワハギでしょう」となる釣りバカ一家です。
今回は、まるおさんがカワハギ船を仕立てたとのことで、三浦半島にある松輪漁港から出船です。

この仕立て船「あまさけや丸」なんですが、前回ここから出船した時は時化で10時過ぎに早あがりしています。
今回集まったメンバーも、なぜかその時のメンバーが揃っていたりして…
朝から小雨・強風の吹く中「荒天なのは誰のせい?」と、お互いをけん制しあってます。

出船時には雨はあがり、強風のなか何とか船が剣崎沖に出ます。う~む、曇天強風&波もありますねぇ・・・
カワハギ釣りにはいいコンディションとは言えませんが、仕掛けを投入して釣りスタートです。

しかし・・・
これがちーっともアタリが出ません。特に左舷が。。。(私がいたのはもちろん左舷です(涙))
外道のアタリすらないってどういうこと???
そんな中、右舷は何やら盛り上がっている様子。あとで聞いたら大きな外道ばかり釣れるんで盛り上がっていたそうなんですが、その外道すら釣れない左舷は「右舷楽しそうだね…」とだんだんと言葉少なになっていくのでした。
やっときたアタリは、なんとチビチビオニカサゴ。チビでも危ない魚なのでリリースが大変でした。 

今回、ニューロッドで挑んだんですが、さすがカワハギ専用竿!極鋭1454です。いままで使っていた極鋭ゲームテクよりもさらにアタリが鮮明だし合わせやすかったです。
このニューロッドでなかったら、この日の釣果はどうなっていたことやら。。。
少ないアタリをポツーーーン・ポツーーーンと取って、なんとかカワハギ5匹を釣ることができました。
やっと本命ゲット。それにしても不機嫌そうな表情のカワハギです。 

本命・外道ともに釣れない日でしたが、それでもいろんな種類の外道が釣れました。
トラギス・クラカケトラギス・ネンブツダイ・ベラはもちろん、鬼カサゴ4匹、カサゴ、キタマクラ(私にはあまり釣れない外道)、イラまで釣ってそれはそれで楽しかったかも。
とくにベラは大型が多く、巻き上げてくる最中もガンガン引いてくれたので、水面に出てくるまではカワハギなのかベラなのかわからないくらいでした。
(水面にベラが出てきて「カワハギじゃないの~っ」とがっかりするワケです)
この日、体調不良でカワハギ釣行ワースト記録をたたき出してしまったでんぼさんですが、外道で釣ったカサゴ2匹はGoodサイズで、晩御飯にお刺身&アラ汁でいただきました。
でんぼさんが釣ったうれしい外道カサゴ。これは小さいほう。(大きいほうはすでに刺身になってました) 
カワハギ・カサゴ、両方とも白身でプリプリした食感ですが、それぞれ味が違いともにオイシ~イッ!
「2種類の刺身があるのはうれしいね」と、次回もGoodカサゴがでないかなぁ~と思う我が家なのでした。

晩御飯も終わって・・・
気がつけばでんぼさんが一人、カワハギ星人のDVDを見て反省会をおこなっていました。カワハギ星人への道はまだまだ遠く険しいようです。
でんぼさん。家に帰って一人反省会です(笑) 

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
(人気釣りブログの一覧が表示されます)
スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 12:55:09|
  2. 釣り日記
  3. | コメント:0

・2009年10月17-19日 渓流釣り 北海道:音別川・茶路川

日時場所2009年10月17-19日(土-月) 北海道:音別川・茶路川
釣果アメマス10以上(30-58cm)、チャム3、カジカ1
タックルダイワmorethan(モアザン)DemonHooker MT86LL
ダイワセルテート2500
FireLine EXT 1.0号(16lb)+リーダー20lb
Dコンタクト85(チャート/TS)、テリージャーク(チャート)、ドリフトトゥイッチャー(アユ)
今シーズン2回目の道東遠征です。
9月に行った時は「こんな川で釣りするの…?」ってくらいバットコンディションだったので、今回はボチボチ釣れるのではという淡い期待のもと、音別川・茶路川に向かったのですが・・・

【10月17日(土)1日目】
前日から道東入りしているNaoさんの情報では「どの川も人がいっぱい。茶路川は魚が見えない。」とのこと。
この週末から道東入りするアングラーなら空港から近場の茶路川に入る人が多いだろうということで、敢えて空港から遠い音別川に入ることにしました。
途中Naoさんと合流して9月にオイシイ思いをしたポイントへ。

う~む、車が2台あります。おそらく釣り上がったんだろうなぁ~と思いましたが、それでも4人で釣り上がることに。
ちょっと歩くとフライマンの姿が見えました。このフライマンの方なかなか先に進んでくれません。先に入ったら悪いからと待っていたんですが、ずーっと同じところにいるので声をかけて先に行かせてもらうことにしました。
9月に70cm級がバンバンでた場所に着きましたが・・・
えらい渇水してます。前回の増水にも参りましたが、増水より渇水のほうがタチが悪い。。。魚の着き場がなくなっていました。
この日、やっと出てくれたチビアメ(しかもヤセてる・・・) 
泣く泣く別のポイントへ。少しでも水が多い場所を探して今度は茶路川の下流に入ってみました。
ここも水が少なめでしたがそれでも音別川よりはいいかな。崖地の対岸下にできた流れの中からなんとかチビアメを1匹出すのがやっとで、この日は納竿となりました。

【10月18日(日)2日目】
この日は朝方雨が降っていたんですが、川に入るころには雨もあがり川は笹濁りでいい感じです。
まず茶路川の超メジャーポイントに入りました。このポイントで他に人がいないなんて初めてでした。ちょっと期待したんですが…
人がいないにはそれなりの理由がありました。ちっとも魚の気配がありません。誰一人魚のアタリを出せないままこのポイントをあとにしました。
釣れるのは、やっぱりチビアメ 
次に向かったのはballadeさん・こうたんさんがいるポイント。なんとこのポイントではサイズは小さいもののアメマスが出ているとのこと。「1日1匹!」がノルマな私としては、ここで何とか釣りたいところです。

ポイントに入って釣り始めます。対岸岸際と流れの中にアメマスがいるようです。ポツポツとアメマスが釣れるなか(ここで何とかノルマクリア)、対岸にルアーを入れた途端ドラグがなりロッドが重くなりました。
「あ~っ、やっちゃった。チャム(白鮭)掛けちゃった!!」
大きい魚なので楽しいんですが、川で鮭を釣ったら密漁になってしまいます。魚を弱らせずに川に返したいので、かなり強引なやり取りをするんですが、敵もさる者ガンガン引いて大暴れしてくれます。
何とか岸まで寄せてきてルアーをはずせば、またここで大暴れ。無事に川に返したころには人間のほうが疲労困ぱいです。
この日だけでも2匹掛けちゃったかな。。。チャムが多い時期のアメマス釣りは大変なのでした。
チャムが掛ってしまいました…これで80cm。顔が怖い! 
この日に帰るNaoさん・けるちゃんは2人で上流に上がっていって、遠くから見るにどうやら2人ともアメマスを釣ったようです。よかった・よかった。
私は30~40cm前後のチビアメを5本出して、この日は終了となりました。
あっ、そういえばコイツも釣ったんだった…今年もカジカ名人は健在のようです。 

【10月19日(月)3日目】
ここ2日の状況を見て「もう私たちが釣りたいアメマスはみんな海に帰っちゃったんだよ」と半ばあきらめての最終日。
川に向かったのも朝9時過ぎと道東遠征としては、かなりゆっくりなスタートです。
まずは茶路川の河口へ。「アメマスが海に帰っちゃったなら海で釣ればいいのでは…」というなんともお気楽な考えのもと河口に様子を見に行きましたが、釣り人の姿は見えてもまったく釣っている気配がありません。
ここでは竿は出さずに別のポイントへ移動。前日小さいながらも魚がいたポイントに入ってみました。
今回はこのサイズしかでないのかなぁ~と思っていた最終日 
確かにここにはチビだけどアメマスがいます。「せっかく北海道まできたんだからちょっとは楽しませてね」と、申し訳程度にチビアメに遊んでもらい、ついでに前日同様チャムにも弄ばれました(苦笑)。

お昼を過ぎてそろそろ帰りの時間を気にしながらの釣りとなるころ。この日は昼食を食べずこのまま15時くらいまで釣りをつづけ、そのあと温泉でのんびりしてから帰ろうということになりました。
移動した次のポイントは、ここ2日間いつも駐車スペースに車がいて入れなかったポイントです。
先に2人ほどアングラーが見えましたが、まったくその場を動かないようなので先に進むことにしました。時折他のポイントよりちょっと大きめのアメマスが出てきますが、食いが渋くてなかなかヒットまではいきません。
この先にこれといっていいポイントもない場所まで来て、そろそろ車に戻ることにしました。

ふーむ、今回はサイズが出なかったなぁ。。。
温泉に行きたかったこともあり、来た道を誰よりも先に戻っていたんですが、そんな中後ろから笛の音が聞こえてきました。振り向けばわかさんがそこそこのサイズのアメマスを釣っているのが見えます。
「まだあんなサイズのアメマスが残っていたんだぁ」と思いながらも「まっ、たまたまの1匹だよね」と見ていると、隣ででんぼさんも釣ってるし、再びわかさんもヒットさせて…
なんとここにきてアメマスの時合に当たったようです。
時合いに入っていきなり50cmオーバー(こいつが暴れて、針が・・・(痛)) 
慌ててわかさん・でんぼさんのところまで戻り、ほんの30分ほどでしたがアメマス祭りを楽しみました。私のMaxは58cmでしたが「あ~っ、やっと北海道の釣りができた」と思えたラスト30分でした。
今回一番大きかったのがこのアメマスで58cmでした 
結局、時合が終わるまでロッドを振っていたおかげで「のんびり温泉」というへっぽこアングラーの野望は叶わず(温泉に行くには時間がなくなっちゃった)、恋問の道の駅でゆっくり晩御飯を食べてから帰路についたのでした。

今回もいろんな人との出会いがありました。北海道の釣行は釣りそのものの魅力もありますが、それ以上にいろんな人と会えるのが楽しみです。
一緒に釣りをしてくれた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
また来年、アメマスのファーストランの時期に遊びにいきますんでその時はまた遊んでくださいね。

…たぶん、今年はもう北海道にはいかないと思います(苦笑)

←よろしければ、ここをポチッと一押し。アクセス数アップにご協力を!
(人気釣りブログの一覧が表示されます)

  1. 2009/10/27(火) 12:53:03|
  2. 釣り日記
  3. | コメント:0

ぺそぎん

釣行予定

05/02 マルイカ

最近の釣果

コメント

過去履歴

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

カウンター

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。